お問い合わせ

携帯電話(直通)
090-6801-6986
事務所固定電話
0584-84-2339

庭吉日記

瀬戸内国際芸術祭2019にいってきました

DATE:2019-08-17 | CATEGORY:垂井の庭師さん

みなさんこんにちは。髙木です。

 

お盆は嫁の実家の愛媛に帰省。毎度毎度、美味しいものをたくさんいただきます。

海の無い岐阜県民にとって、海が近くにあるのはホントに魅力。

今年は暑さで注意力が散漫になり、高温の動噴のマフラーを直に触ってしまい、

ヘソの下を大やけどしてしまったので、海水浴はお預け。やっと治ってきたケド。。

 

今年は思い切って、松山市を拠点に活躍されている庭師さんにアプローチ。

お食事の機会をいただきました。

数年前から雑誌などに取り上げられるようになり、一度お話をしてみたかった。

 

同世代(自分より5つほど年上なのにおこがましいですが)で、独立のタイミングが一緒。

考え方や仕事の内容は似ていても、独立1年目に突き当たった分岐点の選択で違う進路を進んでいる。羨ましくもあり、自分が道を過ったとも思っていない。自分には足りていないから、興味が湧く。

 

「思いを叶える為に、技術を使う」  かっこいいです。

技術の使い道。金の為?業界の為?自分の自己顕示欲の為?お客様の為?次の世代の為?

20代の時は、ただがむしゃらに技術の習得に励んだ。

何の為?と聞かれると、ただ純粋に造園が好きで、ただ、出来るようになりたかったからだと答えると思う。漠然としてたなぁ。

30代になり、少しずつ技術を習得してきて、技術屋として食べていけるようになり、これからの課題としてどう技術を使っていくのか、がかなり鍵。 違う進路を歩んでいても、きっとゴールは似てるんだろうなぁ、って感じました。

 

モノづくりに対する情熱、芸術家の方々との取り組み、作品づくりの裏事情。勉強になりました。

貴重なお時間をありがとうございました。また、何らかの形でお手伝い出来たらと思います(^^)

 

帰りに瀬戸内国際芸術祭2019の視察。見たいところがたくさんあるけど、多すぎて見きれない。。

時間が無いので、一番見たかった盆栽を見るために女木島へ。

フェリーにて片道20分。

鬼ヶ島大洞窟へ。 気温15度位で涼しかったー。

 

盆栽家平尾成志さんの盆栽展示。  最近メディアで見かけるようになってきました。

モダンな盆栽の発想。好き嫌いはあると思うけど、僕は好き。ほんまもんと、遊び心。技術が無ければ出来ない事。クリエイティブなモノは否定されやすいですからね。

写真には撮れなかったけど、暗闇の室内にミストが出ている不思議な空間がありました。

浮いている石から滴る水の一滴一滴。見せ方が上手い。神秘的でした。

 

 

小野さんの作品も。光と影の影の部分。

アートは表現。作り手の思いとは別に、見る側の受け取り方はそれぞれ。だから面白いですね。

たくさんの引き出しを持っていないと、面白いものは作れない。良いデザインは、どこかで使いたいと思い引き出しにしまっておく。(引き出しの鍵をなくしてしまう事も多いけどもW)

たくさんのヒントをもらいました。